2010年06月01日

奥深い花簪の世界…艶やか「舞妓はんカレンダー」(産経新聞)

 この京都検定企画の掲載を始めてから1年。ということで、総まとめの意味を込めて、「花簪(はなかんざし)シリーズ」で紙面を飾った舞妓さんに再び登場してもらった。

 どの舞妓さんも撮影の合間は気さくに話す。現代的な女の子といった部分を感じることもあるが、いざカメラを構えると、スッと祇園の舞妓の顔になってしまう。

 その転換の見事さには度々、驚かされた。単純に美しいだけなのだが、ファインダーを通して「ワッ」とか「エッ」とか、どれほど声をあげてきたことか。30ほどの年の差があるおじさんが、だ。

 この1年間に撮影した花簪を挿した“正装”の舞妓さんをこうズラリとみてみると、壮観というのか、あでやかというのか。しかも花簪の飾りが、その月で決まっているため、季節の移り変わりがよくわかる。

 だが、紙面に掲載された簪は10種類。7月の「うちわ」と8月の「ススキ」が紹介されていない。

 しかも月ごとに決まっているとはいえ、たとえば6月は柳だけでなくアジサイということだってある。同じ花でも意匠が変われば印象も異なってくる。

 まだまだ奥深い花簪の世界。

 平安京遷都以来1200年もの長い間に蓄積されてきた技術を使い、四季の微妙な移り変わりを巧みに庭園や工芸品に取り入れてきた。まさに計算し尽くし、洗練された美しさに京都の美の本質がある。

 この1年間で39回掲載してきたが、ほんの一部を紹介したに過ぎない。今後もこれまで以上に季節感、生活感あふれる京都を紹介していこうと思っている。(園田和洋)

【関連記事】
【京都MONO語り】上七軒歌舞練場 花街の顔 面影そのまま
京都・鴨川の納涼床始まる
「京おどり」の前夜祭 “満開の春”出現
花簪・梅 落ち着きの中に華やぎ
舞妓さんが華やかに豆まき 京都・八坂神社
iPadが上陸

哨戒艦事件で協力要請へ=日中首脳会談で鳩山首相(時事通信)
部活中の重体事故、教諭の暴行罪「不起訴不当」(読売新聞)
<停電>配電機器にヘビ 大阪・枚方で最大2時間(毎日新聞)
福島氏「辺野古、県内に明確に反対」 社民が最終局面で対応協議 (産経新聞)
自民・中山元外相が離党届(時事通信)
posted by ミト カズヨシ at 21:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。