2010年06月11日

在宅サービスの充実を強調―再任会見で長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 菅直人新政権で再任された長妻昭厚労相は6月9日未明、省内で記者会見した。「少子高齢社会の日本モデル」に取り組んでいく考えを表明し、看護や介護、精神医療のアウトリーチ(訪問支援)など、在宅サービスの充実の必要性を示した。

 会見で長妻厚労相は、後期高齢者医療制度に代わる新制度の創設や、障害者自立支援法廃止後の新たな枠組みの構築などの6項目について、菅直人首相から指示があったと説明した。また、毎年1兆円にも上る社会保障費の自然増に言及し、「消費税を含めた税制改革の議論は進める必要がある」と述べ、その前提として、省内の予算の無駄遣いや官僚の天下りなど、行政改革に引き続き取り組んでいく考えを強調した。


【関連記事】
「財政の立て直しで役割果たす」−野田佳彦財務相
「皆さんが政策形成に力を発揮できる仕組みを」−民主党・枝野幹事長
安心な社会保障「実現の方向性示したい」―民主・菅代表
官僚主導に「くさび打ち込んだ」―長妻厚労相
「国の引き延ばし、患者の切り捨て許すな」―B型肝炎訴訟団・弁護団が集会

都城でも口蹄疫か 飛び地感染? 9頭殺処分へ(産経新聞)
民主代表選 樽床氏会見要旨 衆院の定数80減を実行(産経新聞)
菅新首相「空白なく対策を」農水副大臣に指示(読売新聞)
ダイヤ再鑑定 工賃は?補償は? 小売業者、対応に苦慮(毎日新聞)
菅内閣「基本方針」、官僚との連携打ち出す(読売新聞)
posted by ミト カズヨシ at 17:49| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。